website
このサイトでは、ブラウザのサポートが制限されています。 Edge、Chrome、Safari、またはFirefoxに切り替えることをお勧めします。

🎁クリスマス配達の注文の最終日ペンズ 12月12日 ACCESSORIES 12月19日🎁

ブログ

小さくても強い:ディンキーペンの遺産

小さなペンには、バレルとキャップが縮小された通常サイズのペン先を持つものから、Waterman No. 000 (コレクターによって世界最小のペンとして知られている、または「ドールペン」)。しかし、あらゆる点で最もバランスの取れたコンウェイ スチュワート ディンキー ペンが最も成功しています。

続きを読む

完璧な万年筆ギフトセット

クリスマスの時期がまた近づいてきました。大切な人に今年も大切な贈り物を贈るのに最適な時期はありますか? 英国で手作りされた高級万年筆は、一生の楽しみを提供します。時代を超越した美しいデザインと高品質の機能性を備えたコンウェイ スチュワートの万年筆で書くことは、簡単で楽しいものです。 熱心な噴水コレクターの方にも、コンウェイ スチュワート コレクションの初心者の方にも、どなたにも合うギフトをご用意しています。パーソナライズされたペンからきらめくクリスマス インク セットまで、万年筆ギフト セットのトップ ピックをいくつかご紹介します。 クリスマスペン 今年のクリスマスは、限定版のクリスマス ペンで自分へのご褒美にいかがですか。 コンウェイ・スチュワートチャーチル・エバーグリーン.愛する人へのクリスマス カードの作成や、友人や家族へのギフトに最適です。の コンウェイ・スチュワートチャーチル・エバーグリーン 見れば見るほど深まる美しいグリーン。モミの木、スプルース、ノーブル グリーン、クリスマスのすべての色。わずかに半透明であるため、色の深みがあり、その品質と伝統を証明するために英国のホールマークが刻印された 9 ct ゴールドのキャップ リングが引き立てられています。 店 クリスマスペン パーソナライズされたペン パーソナライズされたペンでクリスマスを祝うより良い方法はありますか?高級万年筆、ボールペン、ローラーボール ペン、さらにはシャープペンシルの全範囲で彫刻を提供しています。最も人気のあるバレル彫刻やキャップバンド彫刻のオプションなど、さまざまな彫刻オプションがあります。どちらもコンウェイ スチュワート ペンにエレガントな仕上がりをもたらし、今年のクリスマスを思い出すギフトになること間違いなしの理想的なパーソナライズされたペンを作成します。 ペンを購入する クリスマスシマーインク このクリスマスのストッキングにお祝いの輝きを加えましょう。...

続きを読む

コンウェイ・スチュワートの万年筆は何からできていますか?

コンウェイ・スチュワートの万年筆は、これまでに作られた最高の万年筆の一部であると長い間考えられてきました。 1905年の創業から現在まで、科学技術は目覚ましい変化を遂げてきましたので、ペンの歴史に興味のある方には、ペンに使われてきた素材の変遷を読む価値があると考えました。その間、コンウェイ・スチュワートの高級万年筆を作っていました。  硬質ゴム、カゼイン、セルロイド、射出成形プラスチックからの万年筆の開発と導入、最新のキャスト アクリル素材の最新情報について読むことができます。 硬質ゴムまたはエボナイト ルイス ウォーターマンが 1884 年に米国で最初の万年筆を作成したことは、長い間受け入れられてきました。これにより、作家はインクの供給源とインクを紙に転写するペン先を 1 つの機器で使用できるようになりました。 しかし、ウォーターマンの発明は、別のアメリカ人であり、自動車技術のパイオニアの 1 人であるチャールズ グッドイヤーのおかげでもあります。グッドイヤーは、1839 年に、ゴムと硫黄を一緒に加熱することにより、「硬質ゴム」またはエボナイトとして知られるようになった非常に耐久性のある化合物を作ることができることを発見しました。 .その後、彼は自分の発見を応用して自動車業界向けのグッドイヤー タイヤを作成しましたが、最初はさまざまな方法で使用されていました。 たとえば、ペンを作るのに非常に適した素材であることがわかりました。それまでの筆記具は葦や羽ペンをインクに浸して作っていました。浸漬ペンも、鋼を含むさまざまな金属で作られていましたが、紙へのインクの流れを調整することは常に問題でした。 1884 年までに、ペンの人気が高まったので、ルイス ウォーターマンが最初の万年筆を作成したとき、彼はペンの本体に硬質ゴムを使用し、毛細管現象によって硬質ゴム管のリザーバーから万年筆にインクがスムーズに引き出されました。ニブしてから紙に。 コンウェイ・スチュワートが 1905 年にロンドンで最初に設立されたとき、硬質ゴム製の万年筆はアメリカとヨーロッパの両方で広く使用されていました。 フランク・ジャービスとトミー・ガーナーConway Stewart の 2 人の創設者は、急速に成長するペン業界での経験があり、当初はアメリカからペンを輸入したり、他の英国のペン...

続きを読む

シェイマス・ヒーニーのお祝い

シーマス・ヒーニーは、1939 年 4 月 13 日に北アイルランドのロンドンデリー州で生まれました。彼はアイルランドの詩人、劇作家、翻訳者、講師でした。 1989 年から 1994 年までオックスフォード大学の詩学教授を務め、1995 年のノーベル文学賞を含む数々の賞を受賞しました。 アメリカの詩人ロバート・ローウェルは、彼を「イェイツ以来最も重要なアイルランドの詩人」と表現し、学者のジョン・サザーランドを含む他の多くの人々は、彼を「私たちの時代で最も偉大な詩人」であると述べています。 2013 年 8 月 30 日に彼が亡くなったとき、英国のインディペンデント紙は彼を「おそらく世界で最も有名な詩人」と評しました。 2010 年に出版された「Human Chain」と呼ばれる彼の 12 番目で最後の詩集には、コンウェイ スチュワートの万年筆に書かれた詩が含まれています。この詩は、詩人がデリーのセント コロンブズ カレッジで中等教育を受けるために家を出る前日に、両親からペンを贈られたことについて説明しています。 Heaney の手によるペンの最初の公式の仕事は、家に手紙を書くことです。 シェイマス・ヒーニーは、英国が耐えてきた干ばつからの救済を認めて英国のマスコミが彼の詩「Blackberry-Picking」を引用したように(2022年8月)、今日も話題を呼んでいます...雲が暗くなり、雨が一度降り始めましたまた。 私たちは、...

続きを読む

ヘンリーシンポールの並外れた才能を祝う:彼の最高の英国の万年筆

ヘンリー・シンポールのことを聞いたことがないのなら、ペンへの興味は腕に並外れたショットを与えようとしています。彼のことを聞いたことがあれば、英国のペン作りの長い歴史の中で彼が与えた影響についてすでに知っているでしょう。彼の名前は、英国の最高の万年筆と完璧な才能のいくつかの非常に美しいデザインの代名詞です。 彼は「ヘンリー・ザ・ペンマン」として知られていましたが、ペンを作りませんでした。彼の才能は、万年筆を素晴らしい芸術作品に変えることにありました。どのように?素晴らしい貴金属オーバーレイをデザインおよび作成し、ペンの本体に適用することによって。 ヘンリーの才能は完全に独学でした。彼は1990年代初頭までホテル業界で数年間過ごし、ペンとペンの収集への関心が高まり、中古のペンを売買する独自のビジネスを立ち上げる機会が与えられました。ロンドンのポートベローロードにある屋台から取引をしているヘンリーの顧客は、万年筆の修理と修理のスキルをすぐに認識し、彼の才能の言葉はすぐにペン収集コミュニティ全体に広まりました。 それから運命のひねりによって、彼は彼の本当の召しを見つけました。 友人がオークションでオリジナルのヒースパターンのスネークペンを購入し、ヘンリーが彼のためにそれを撮影できるかどうか尋ねました。ペンがヘンリーの所持している間、彼はキャップとバレルの両方の銀のオーバーレイをトレースし、妹に銀のオーバーレイが付いたペンを贈ることができるようにデザインを複製しようと試みました。 残りは歴史です! やがてヘンリーは、彼自身の美しく芸術的なパターンをデザインし、シルバーとゴールドを使って素晴らしいペンオーバーレイを作成する方法を学びました。彼は、ヴィンテージの収納ボックス、アンティークの劇場プログラム、アールヌーボー時代の偉大な芸術家の豊富なライブラリなど、さまざまな情報源からデザインのインスピレーションを得ました。 ラリック, ウィリアムモリス そして彼のお気に入り、 アルフォンス・ミュシャ. 1999年までに、彼は貴金属オーバーレイの頼りになる専門家になり、いくつかのペンメーカーがドアをノックして専用のオーバーレイを作成していました。 コンウェイ・スチュワートはこの新旧のデザインコンセプトの最前線に立ち、ヘンリーと緊密に協力して4つのデザインのペンを作成しました。 その後、2005年と2006年に、ヘンリーが100年のペン生産を祝う有名なコンウェイスチュワート「センテナリーペン」と巨大なコンウェイスチュワート「グレートエキシビションペン」のオーバーレイの作成を依頼されたとき、関係はより強固になりました。さらに、ヘンリーは、コンウェイスチュワートの「シンポールペン」、信じられないほど繊細な「チャッツワースペン」、「マリリンモンローペン」のオーバーレイを作成し、今世紀に作られた最高の英国の万年筆のいくつかを作成しました。 これらのオーバーレイエディションの最初の4つには、「C」と「S」の文字が巧みにデザインに組み込まれていました。これは、多くの所有者がまったく気付いていなかったという事実です。さらに、「チャッツワース」エディションでは、ヘンリーは「J」と「G」の文字をデザインに取り入れて、コンウェイスチュワートの2人の創設者であるジャービスとガーナーを表しています。 悲しいことに、ヘンリーは2020年に亡くなり、世界中のペンコレクターから絶賛されている遺産を残しました。彼は彼の銀細工とデザインの才能に敬意と称賛を集めた穏やかな男であり、彼を知っているペンコミュニティのすべての人に悲しいことに惜しまれています。 ヘンリーの人生と並外れた才能についてのこの簡単な説明にオーバーレイペンへの興味がそそられた場合は、おそらく今が彼の素晴らしい芸術作品を1つ以上コレクションに追加することを検討するときです。ヘンリーの邸宅から取得した次のエディションのいずれか(または両方!)から選択でき、現在は コンウェイスチュワート. コンウェイ・スチュワート「マリリン・モンロー」 ヘンリーシンポールによるオーバーレイ付き90の限定版 マリリンの謎めいたプロフィールと、彼女が映画「お熱いのがお好き」で歌った彼女の最も有名な曲「愛されたいのに」の1つから取った「ブー、ブービードゥー」という刻まれた言葉を取り入れた、クラシックなヘンリーシンポールのデザイン。   コンウェイ・スチュワート「チャッツワース」限定版100(12のみ入手可能)、ヘンリー・シンポールによるオーバーレイ ヘンリーの最も繊細な細線細工のデザインには、繊細なレースのような銀のストランドが組み込まれ、CとS(コンウェイスチュワートの場合)およびJとG(コンウェイスチュワートの創設者であるジャービスとガーナーの場合)の文字が組み込まれています。

続きを読む

名前って何?コンウェイ・スチュワートの名前の背後にある謎

..5分読む📖 パートナーシップの形成... 自分のビジネスを所有または運営したことがある場合、最も困難な初期のタスクの1つは、企業に適した名前を見つけることです。それはあなた自身の会社を設立することの全体の練習の「成功または失敗」の部分ではないかもしれませんが、それは確かにビジネスの調子を設定することの重要な部分です。 それで、彼ら自身のペン販売会社を設立することをちょうど決定した2人の若いビジネスマン、フランク・ジャービス(22歳)とハワード・ガーナー(28)の立場に身を置いてください。 1905年5月、彼らはロンドン中心部のセントポール大聖堂の近くにある13 Paternoster Rowに、駆け出しのビジネスを収容するために週5シリングの部屋を借りました。 ロンドン、1905年頃。パターノスターロウとチープサイドのジャンクション。右側のパターノスターロウはかつてファッショナブルなショッピングストリートでした しかし、何が彼らをペンビジネスに導いたのでしょうか?どちらも現在、万年筆を販売する会社で働いています。ジャービスは卸売りの文房具店であるヘンリーミードアンドサンズの巡回セールスマンであり、ガーナーはロンドンの大型デパートであるウィリアムホワイトリーで働いています。 作家はペン先をインクボトルに継続的に浸すのではなく、ペンに組み込まれたインクリザーバーの利点を選択するため、両方の男性は新世紀の最初の数年間に万年筆の市場が成長しているのを見てきました。 どちらもまだペンの小売販売を行っている企業に雇用されているという事実から、新しいビジネスを「JarvisGarner」と名付けることに慎重になっている可能性があります。彼らはそれが地面に降りる間彼らにある程度の匿名性を与える名前を必要とします。   なぜ「コンウェイスチュワート」なのか? 結局、彼らは新しいビジネスを「コンウェイ・スチュワート」と呼ぶことを選択し、そこには英国のペン業界の偉大な「未知数」の1つがあります。 ほぼ120年間、世界中のペン愛好家やコレクターがその質問をしてきました。それはどこから来たのですか?それはどういう意味ですか?コンウェイ・スチュワートは誰でしたか? これは、ペン業界で最も優れた頭脳の一部に負担をかけているテーマです。 『Fountain Pens For The Million – The History of Conway Stewart 1905 – 2005』の著者であるStephen...

続きを読む

2つの伝説的なマーク– 1つの注目すべきペン!ヴァンウォールとコンウェイスチュワートの間のリンク

最近、コンウェイ・スチュワートによる、おそらくなじみのない名前の新しいペンのリリースに気づいたかもしれません– ヴァンウォールペン –そして、なぜそれが世界中の非常に多くのペンコレクターによって賞賛のために選ばれたのか疑問に思いました。

続きを読む

素晴らしいペン先のペン |コンウェイ・スチュワート ベスト万年筆

20 代半ばのコンウェイ スチュワートの広告キャンペーンの多くで使用されました。番目 センチュリー... 「すばらしいペン先のペン」 最近では少し陳腐に思えるかもしれませんが、詳しく調べてみると、すべての作家が必要とする最も基本的な要素、つまり優れたペン先が強調されています。ペン先が適切に機能しない場合、ペンの見た目や感触がどんなに優れていても、ライターによって拒否されます。 では、今日の世界で「すばらしいニブ」となるのはなぜでしょうか?私たちのワークショップから出荷されるすべてのコンウェイ スチュワート ペンが、最高水準の性能を発揮するペン先を備えていると、どのように確信できるのでしょうか?   まずは材料から… すべてのコンウェイ スチュワート ペンの 99% には、イリジウム チップを備えた 18 ct ゴールドのペン先が取り付けられています。すべての主要なペン メーカーが 18 ct ゴールドのペン先を標準で使用できるわけではありません。多くの場合、オプションとして金のニブが提供されていますが、その場合は高価なオプションです。   イリジウムは非常に希少な金属です。また、人類に知られている最も硬く、最も耐食性のある素材の 1 つであるため、金のペン先を保護するのに最適です。イリジウムポイントがなければ、ゴールドはすぐにすり減って使えなくなります。しかし、金とイリジウムはどちらも非常に希少な素材であるため、ペン先がペンの中で最も高価な部品であることは驚くことではありません。 イリジウムの先端を備えた金のペン先は、最も滑らかで長持ちする筆記オプションを提供しますが、考慮すべきオプションは他にもあります.なんで?みんなの筆跡が違うから!大きくて流れるような、小さくてきちんとした、左利き、右利き、前傾、後傾など、多種多様で複雑な書体のコレクションがあります。そのため、Conway Stewart...

続きを読む