website

エリザベス女王プラチナジュビリー|白金

From $5,781.00 価格には付加価値税は含まれていません
サブスクリプション 保存する

The product options will appear in a few seconds so you can place your order

書き込みモード

特別なペン先オプション

すべての標準ペン先にはイリジウム球形の先端が付いているため、線幅はすべての方向で同じです。下向きの線と横向きの線は同じです。

文章に個性を加え、羽ペンを使用した昨年の手書きに似た線のバリエーションについては、ペン先を地面に置くことを選択できます。

*特殊ペン先オプションは、極細ペン先には適用されません

イタリック

幅の広い線は細い線の2.5〜3.5倍太いです。

スタブ

幅の広い線は細い線の1.5〜2.5倍太いです。

ペン先の詳細については ここをクリック 

伝統的なコンウェイスチュワートバレル彫刻

パーソナルバレル彫刻

 

パーソナルキャップバンド彫刻
ゴールドトリム

シルバートリム

スターリングシルバーキャップ

彫刻|ペン先情報⌽

エリザベス女王プラチナジュビリー|白金

$5,781.00

エリザベス 2 世女王は、1952 年に王位に就いてから 70 周年を迎えるプラチナ ジュビリーを祝う最初の英国君主になりました。 70本の限定版であるスターリングシルバーペンと、7本のペンのみに限定された非常に特別なプラチナバージョン。  

どちらのペンにも、アッセイ オフィスのプラチナ ジュビリー記念マークがキャップの上部に刻印されており、バレルにはそれぞれの貴金属のホールマークが刻印されています。

ソリッド プラチナ バージョン 7 ペンの限定版

ソリッド プラチナ ペンはオーダーメイドで、購入者の要件に合わせてカスタマイズできます。プラチナ バージョンには、スターリング シルバー ペンにある金色のクリップではなく、プラチナ クリップもあります。

プラチナジュビリー記念マーク

Thomas Fattorini Ltd によってデザインされた記念マークは、君主制の象徴であるオーブと、伝統的なアッセイ マークとしての貴金属プラチナを描いています。 70年を象徴する7つの真珠があります。真珠の1つは、連合を表すケルト十字の中心に重ねられています。アイルランド、ウェールズ、スコットランド、イングランド。分割線の上のオーブの中心には、HM のロイヤル サイファー(エリザベス レジーナ II)があり、数字の「70」の下には、君主としての 70 年を表しています。 

万年筆またはローラーボールとして利用可能
エクストラファイン、ファイン、ミディアム、ブロードの 18 ct ゴールド ツートーン コンウェイ スチュワート ペン先を装備。別の方法として、ローラーボール バージョンを注文することもできます。

ペン先の幅を選択することに加えて、次の中から選択して、文章のスタイルに合わせてペン先をさらにカスタマイズできます。

  • イタリック
  • 左斜め
  • 右斜め
  • スタブ

英国で最も経験豊富なペン先ライトが、お客様の正確な仕様に合わせて作業を行います。

FAQでカスタマイズされたペン先の詳細をご覧ください

ペンに取り付けるCS2トーン18Kゴールドペン先の1つを選択できます。 「バターのように滑らかな」書き方で多くのお客様から高い評価を得ており、ほとんどの書き方に合わせて、極細、細、中、広の幅でご利用いただけます。各ペン先には、ConwayStewartのロゴが付いています。

"

このペンは二重充填システムを備えています。コンバーター(リザーバー)が取り付けられているため、ユーザーはボトルからインクを引き出すことができます。または、コンバーターを取り外して、標準のヨーロッパのインクカートリッジを使用することもできます。すべての万年筆には無料のカートリッジが2つ付いているので、すぐに使い始めることができます。ボトル入りインクを使用したい場合は、英国製でさまざまな色の独自の高品質インクをお勧めします。

ライティングアクセサリーを探す

"

閉じた長さ:146mm | 5.75インチ

投稿された長さ:181mm | 7.13インチ

ペン先を含むバレルの長さ:138mm | 5.43インチ

キャップの長さ:70mm | 2.76インチ

バレルの直径:15mm | 0.59インチ

キャップの直径:17.5mm | 0.69インチ

重量:35gms | 1.23オンス

配達、税金、税関

ペンはオーダーメイドですので、お届けまでに最大28日かかります。

特定の日付に必要な場合は、注文を迅速に処理できます。

配達、税金、税関についてもっと読む

- 注目の記事 -